ページビューの合計

2019年1月21日月曜日

羽賀杯~三島剣連の活躍

三島剣道連盟は中村博己強化委員長のもと
月1回の若手強化稽古会を開催しています

それとは別に参加者の道場へ
自由に行き来し稽古もしています

大会前の18日の金曜日
東レ三島道場で強化練習

道場手前と奥で色が違うのが
わかると思いますが

奥はワックスが効いていて
手前は養浩館のように
良く滑る

試合稽古の後の地稽古の際
奥ではなく手前の床でやるように
何人かには指示しました

その中でもすべる床を
モノともしない
飯塚、八木は
足が良くできているな!と感心しました



三島チームは今回は
5段以上の部に1チームエントリー
先鋒:石井
次鋒:杉浦
中堅:青木
副将:飯塚
大将:八木

全大会で2位の好成績でしたので
1回戦はシード
初戦の2回戦が始まったのは
14:30過ぎ(苦笑)
対するは 富士宮剣道連盟

辛くも勝利し
早くも準決勝戦
対するは東部大会で何度も苦汁を味わされている
富士市剣道連盟
大将戦までもつれる大接戦




劇的な勝利で決勝進出した三島チーム
に対するのは静岡県警察



前半 我慢し、後ろに回すように
試合前に選手に伝えますが・・・

そんなにうまくいくわけないか?

しかしながら
2大会連続決勝進出は見事でした!
選手の皆さんはもちろん
応援の皆さん
強化練習参加の皆さん
ご指導いただいた先生方
ありがとうございました







2019年1月20日日曜日

羽賀杯あれこれ

今大会 私は審判で参加

集合時間9:30過ぎには到着していたが
審判会議が始まっていたとは知らず

審判主任の先生に
「探したぞ!何やってたんだ!」と
怒られました

「スイマセン 迷いました」
(来るかどうか・・・)

Y八段先輩からも同じように・・・

「スイマセン 道がわからず 迷いました・・・」

今日出場した選手は
よく合う方や久々の人たち
老若男女ありとあらゆる方々が
出場されました

そういう方々と
お話しするのも
とても楽しいのです

ママさん剣士になった
田島さんや

その後ろには
三島出身のカナエも

ユウトは
小学生から三島の大会で
そのとびぬけた剣道センスが
目立っていましたが
五厘頭が代名詞であったので
焼きそばを被ったような髪型は
違和感を感じ得ない



昨年末より
吉川製作所に入社した八木は
三島の大将を務めました

高校新人戦男子個人戦優勝監督は
今日も竹刀落としが冴えてました

ダイエットとリバウンドを繰り返す石井は
今はダイエット中
決勝はそれが裏目に出た(笑)

日大国際関係を卒業し
日通で活躍する
実業団剣士
天方も久々の顔合わせ

だいぶ・・・
と・も・だ・ち


女子優勝の自助会(磐田西OB)の
住友は決勝で圧巻の強さを
見せました
あの上池の室屋を
あそこまで圧倒するとは驚いた

羽賀杯結果

平成31年1月20日(日)静岡県剣道連盟「養浩館」において
第11回羽賀杯争奪静岡県剣道優勝大会が
開催されました


男子4段以下の部
優勝 可美剣清会
2位 ブリヂストンエラステック
3位 自助会、浜名尚剣会




男子5段以上の部
優勝 静岡県警察
2位 三島剣道連盟
3位 沼津市剣道連盟、富士市剣道連盟 




女子の部
優勝 自助会
2位 上池自動車学校
3位 常葉大学、静岡大学
  



2019年1月14日月曜日

講習会と新年会

1月13日 日曜日
早朝 地区のどんど焼きで割れた竹刀を
燃やし 更なる剣道の上達を願う


9時からは三島剣道連盟受審者講習会の講師で出席
飯塚技術普及委員長の号令でランニングで
身体を温めてから 講習はスタート



今回は三島の中学校で英語を教えている
ダニエルを講師として招聘

外国の日本武道を習方は
とにかく熱心!
よく勉強し 専門用語も理解しています


夕方からは静岡市で
静岡県剣道連盟の新年会

昨年昇段・称号合格者のお披露目があります
いまさら錬士合格の私と
六段合格の韮山錬成館所属の平田
中体連代表の村田の三人で電車で静岡へ

大御所が集う宴席にシラフでは行けぬ・・・
と下地作り
良い気分になってきたところで
宴会スタート時間を過ぎた事に気づき
慌てて 会場入り

昨年全国大会で活躍した選手。団体の表彰では
青年大会で活躍した
実業団仲間の
上池自動車学校の室屋さんが
チームを代表して登壇


普段お話のする機会のない先生方や
県剣連のスタッフの皆さんとも
交流できました 


私、村田、平田と
裾野の廣瀬の4人で
イルミネーションが綺麗な青葉通り横の
おでん街へ向かう





味噌をつけて食べるおでんと
熱燗は冬の寒さも
吹き飛ばしてくれました